胎児にのぞみを【フリゲ感想】

もんじゃポジ受けご理解



胎児にのぞみを 作品ページ
Ver.1.00にてプレイ

始めに


アクションエディター4製の2D横スクロールアクション。

「んっ!オスオパ!産まれる!!」
「オパオパオパオパオパオパオパオパ!!!!!」

「!」
「どう?オスオパ!」
「…駄目だ。今回も”もんじゃ”だ」
「………そうか」

(↑ReadMeより)

某コピペ派生をベースにした強烈な世界観。元ネタを知らなくても特に問題はないので知らない人はそのままでいて下さい。

でもオパ族っていうのは何のネタかよく分からなかったです・・・

 
 


 
 

ジャンプアクションゲー

全14ステージをクリアしていく。
1つ1つのステージは短く、大体1時間もあればクリアできる感じです。

基本的に移動とジャンプのみで進み、雑魚やボスがいますが踏みつけることで攻撃。操作感が非常に軽く、ストレス無くキャラを操作することができます。

そして高い所から地面に直接落下するとダメージを受けます。高い所といっても喰らい始める高度はかなり低く、自力でのジャンプ頂点より少しでも高いとダメージを受けてしまう。

落下ダメージを無くすには敵を踏みつけるなどして落下の衝撃を殺す必要があります。

ちなみに敵と同じ足場にいる状態では自力ジャンプだと高さが足りずに敵を踏みつける事ができません。
なので敵に攻撃しようとバネで大ジャンプするシーンがよくあるんですが、不用意に飛んでしまうと誰も踏みつけれらないorギミックを利用できないで落下死することに。

けれども体力が0になってもその場で復活できますので、ノーコンクリアにこだわらなければサクサク進めると思います。
ちなみに全ステージでノーコンクリアしてみましたが特に何もなかったです。

それとあまり他では見られない特徴として、敵にぶつかってもダメージは喰らわないという仕様があります。なので毎回敵をジャンプで倒す必要はなく、攻撃を出していない敵(ボスも)は無傷で通り抜けたりできます。


 

オパス・ヒューナス

そして作者がゲーム制作時間の大半を費やしたというラスボス、オパス・ヒューナス戦は必見。ボイスこそ無いものの、攻撃に応じてセリフを表示してくれるので攻撃を先読みして避けよう。

また、上半身と下半身あたりに1つずつ判定があるようで、バネジャンプで攻撃した際は上半身→下半身と2回攻撃できます。ただ、下半身に当てないで着地すると落下ダメージが発生します。ジャンプ攻撃を外さないように敵の動きに気をつけましょう。

ここまでくればお気づきの方もいるかも知れませんが、某オンラインゲームのボスがベースです。プレイヤーが想定以上に弱くクリア率が低かったという理由で、実装後1週間の過去にないスピード感で弱体された神 デウスエスカのヒューナル体だと思われます。

実装直後にVita共用ブロック野良で挑戦したら、残り時間7秒でギリギリ撃破できた感動は今でも忘れられません(余談)

というわけでクリファド武器を持っていたり独極に足繁く通った方なら、セリフだけでどんな攻撃がくるかもうお分かりでしょう。

そうでない方も全く問題なく楽しめますのでお気になさらず。


これより神罰を与える・・・
 

終わりに


そして衝撃のラスト。
果たして主人公は生を受ける事ができるのでしょうか!?

ストーリーもしっかり?していて操作感も非常に良く、とても面白かったです。

 

ステージ8でちょっと悩む

実はステージ8でちょっと悩んでしまいました、同じような人がいるかもしれないので進み方を書いておきます。

クリックで開く

ゴール手前の2箇所がちょっと難しいかなと。

まずバネジャンプ。バネに乗ったら左の壁に密着するように入力していればギリギリで足場に乗れます。

ゴール地点へのジャンプですが、今までのように普通にジャンプすると届かずに酸の海に落ちてしまいます。
ここは画像のように足場につま先だけ乗っけてるような位置でジャンプすれば届きます。助走は必要ないので、横キーをちょんちょんと押して位置を落ちるか落ちないかのとこまで微調整してからジャンプするとやりやすいです。