金のなる木【フリゲ感想】

某フラッシュゲーム紹介サイトにて紹介されていたので遊んでみました。


金のなる木 作品ページ( ダウンロード版 / ブラウザ版 )
Ver.1.66にてプレイ

始めに

目的はただ一つ。目の前のラスボスを倒す事。
戦闘中心のやりこみ型作業ゲーです。
キャラ育成、スキルを駆使した戦闘、
歯応えのある難易度をお求めの方にオススメです。(ReadMeより)

ツクールMV製でブラウザ版とダウンロード版がありましたが、ブラウザ版をちょっと遊んで感触が良かったのでダウンロード版へと移行。

ブラウザ版があるとお試しで遊べていいですね。どうしてもダウンロードはまずお試しってのも面倒くさく感じてしまう。その分ダウンロード版の方が動作は良好ですけども。

ゲームのルールですが、ゲームを始めると分かりやすい画像で説明されます。

ボスを殴ったダメージに応じてお金を入手し、そのお金で拠点の設備を使いながらパーティーを強化、最終的にはボスを倒すというものです。


一発で貰えるお金は 与ダメージ * 獲得率。お金を稼ぐにはダメージそのものも大事ですが獲得率もうまくコントロールしたい。獲得率は攻撃を当てれば増え、1以上の被ダメージで初期値に戻ってしまいます。


拠点には様々な設備が。装備を整えたりレベルを上げたりスキルを覚えたり仲間を増やしたり。職業は4つで、パーティーメンバーも最大8人まで増やせます。非常に選択肢が豊富、迷う迷う。

 

それと、ボスを殴ってお金を得るのですが殴ったダメージに応じてボスが強くなって行きます。そのため闇雲に殴ってるだけですと中々進展しないでしょう。1戦闘での最大与ダメージを更新しなければそれ以上成長しないので、攻撃に耐えられる強さにボスの成長を抑えておいて弱い攻撃で稼いだりという戦法も考える必要があります。

 

それと・・・色々とネタ要素が豊富なゲームです。更新もかなりの頻度でかかっており、今でもどんどんネタが増えているようです。

 
 

 

プレイ記録

さて自分のプレイですが・・・迷った結果パーティーメンバー1人にしてそいつを集中して強化しました。レベル上げにもスキル習得にもお金を使う以上、メンバーを増やした所で成長スピードがあんま変わらないんじゃあと考えた結果です。実際プレイした感じでは1人のほうが楽な気がします・・・少なくともクリアまでは。

 

攻撃力を上げて押し切る事しか考えていなかったので、職業は戦士で防御ほぼ0のままやってました。なのでお金稼ぎはBreak無効化スキルを使いつつ全体攻撃(並)を主力に敵を殴って、耐えられなくなれば撤退という風にプレイ。獲得率を上げた状態でのボーナス箱8体が主な収入源でした。中盤からは敵の強さが上がりすぎて停滞期に入っちゃいましたがHP上昇や巨大化、自動防御で何とか数ターン耐えられるように。そうこうしているうちに行動回数+や最強武器を購入できるようになり、そのまま連撃付与、攻撃上昇、属性付与を重ねて押し切りクリア。大体3時間30分ぐらいかかりました。


↑クリア時のステータス。剣と鎧は店売り最強の奴です。



↑初クリア時の称号
 

いやーどう成長させるかが面白かったですし、豊富なネタでも楽しませてもらいました。クリア後要素は流石に天井が見えなかったので、あとは称号の1つ30分以内クリアを達成して終わることにしました。

 

 

 

30分以内クリア

クリア後の村長のヒントを見て、方針は防御力を上げてダメージを無効化しつつパルプ○テの所持金2倍を狙う事に。攻撃は魔法か物理か悩みましたが物理でクリアしたこともあり物理中心に決定。

じゃあまずキャラと職業を教えてくれるかな?

・・・

・・・

・・・

やめたくなりますよ~地道にセーブ&ロードを繰り返し所持金2倍を引く作業。



だいぶ(お金)溜まってんじゃんアゼルバイジャン。



イキソ・・・イクッ(フライング撃破:今の所持金で倒せるか試したら余裕でオーバーキルだったが準備で30分経過していた)


装備とスキルが決まったので、サクサク操作しつつほら行くど~


最終ステータス

あ、そうだ、このプレイ記録チラチラ見てただろ。俺もやったんだからさ(同調圧力)