サラと不思議な魔法石【フリゲ感想】

第10回ウディコン作品。
THE・マインスイーパ


サラと不思議な魔法石 作品ページ
Ver.1.17にてプレイ

始めに

こちらは総合順位が高かったのでコンテスト終了後に遊んでみました。

ダンジョンをマインスイーパしながら進んでいき、マインスイーパの爆弾マス代わりやボスなどでRPG戦闘が入るゲーム。

マインスイーパ要素は本当にマインスイーパそのまんまなんですが、ランダム配置されるアイテムがあります。
前方1マスを調べたりマップを強制的に破壊するものもあったりと不慣れな人でもアイテムを駆使することで進めるようになっています。

また、たとえ爆弾マスを掘ってしまったとしてもHPダメージか敵との戦闘かですので、一発ゲームオーバーの緊張感を背負いながら確定できないマスを掘るようなシーンはありません。

チュートリアルを兼ねる最初のダンジョンでも進み方に応じてメッセージを変えてくれてたりします。
マインスイーパの時や戦闘時ともに操作感もよく、総じて丁寧に作られている印象を受けます。

 

終わりに

ただちょっと組み合わせが悪いかなあと。

言ってしまえば戦闘はウディタのデフォ戦闘で取り立てて特徴もないので戦闘の必要性みたいなのが感じられなかったんですよ。
マインスイーパが上手くても戦闘には殆ど関係ありませんし、逆にキャラの装備やレベルを充実させた所でマインスイーパには関係がありません。

もちろん戦闘中の演出(特にボス)も丁寧に作られているんですが。

ダンジョンも階層が深い割にはほぼ同じ見た目なので単調に感じてしまい、クリア後ダンジョンは途中でギブアップ。