斧鬼~魍魎の棲む家~【フリゲ感想】

かゆうま系

斧鬼~魍魎の棲む家~ 作品ページ

始めに

たまたまこのゲームの実況part1を見て面白そうだったのでプレイ。

ストーリーは、失踪した姉を探すため主人公のユイはある洋館を訪れる・・・というもの。

青鬼系統のゲームです。
館内で逃げ回りながら脱出を目指す感じの。
ですが鬼はランダムで出るわけではなくイベント後など固定された地点しか出ません。
鬼から逃げ回るというより他の敵からスニークアクションをする方が多いです。
青鬼というか魔女の家が近いかもしれません。

2019年3月8日に体験版が出て、その20日後に完成版が出ています。
フリゲとしては珍しいほどのスピード感(勿論早いという意味で)。
ちなみにこのゲームの鬼も足が速い。

エンディングは1つ。

グラフィックや演出に力が入っており、2Dのマップながらカーテンの揺れやら細かな何やらが多く、ホラーの雰囲気が良く出来ていると思います。

鬼ごっこは正解ルートを見つけてゴールに辿り着くというものなので、ルート把握のために何回かやり直す事になると思います。
ですがプレイ時間大体1時間ちょいでクリア出来る短編なので、鬼ごっこが嫌になる前に終わるのもいい塩梅。

Mapshot

ゲーム進行とは全く関係ありませんが、PrintScreenキーを押すことでMapshotという画像ファイルが保存されます。
場所はゲームと同じ所にMapshotsフォルダが出来るのでその中です。

↑MapShotで保存される画像例

ツクール自体を触ったことが無いのでよく分かりませんが、恐らく今いるマップの基本のマップチップの上に重ねて表示するチップを見せてくれているようです。
ゲーム高速化でよくあるテクニック、いちいち表示非表示の変更をせずにプレイヤーからは見えない画面外に配置しといて必要な時に座標だけ変えて見せる用のチップがメインかなと。

デバッグ用の設定が残っているのか隠し要素として入れてあるのか。

動く仕掛けなどは大体保存されるので、新しいマップで撮ってみると何がどう動くか何が出てくるか予想できます。
場所名が表示されない所でも開発者がつけた名前がファイル名として見れたりして何気に面白い。

終わりに

演出に力が入っており、謎解きも複雑でなく、短編なので鬼ごっこが得意でない人も楽しめる良いゲームでした。

それとホラゲーのお約束

謎解き関係

基本は素直な謎解きですが、気になった部分の回答と感想。

クリックで開く
最近脱出ゲーをしすぎて捻くれていたせいか少し戸惑う仕掛けが多かったです・・・。

時計の時刻

長針をゲットしてセットして時刻を合わせる。
ヒントは「長針と短針が重なる時間」ということ。
答えは・・・1200または0000(ちなみに2400は×)

素直に考えればそうなのかもしれません・・・。
ただ短針が1周する間に長針と11回重なります。
チックタック動くステップ式の秒針があってその秒針も重なるとかそういう条件を付け加えてあったら良かったんですが、このゲームでは長針と短針しか指定されていない(よね?)ので答えが確定できず。
回答の仕方も分単位で入力させるため、余計な知識を持っていると12時を答えとして問題を出しているのだろうというメタ推理で答えを出すことに。


どういうことだろうなあ。
 

金庫のパスワード

なるほどヒントから金庫の模様と時計盤の文字1~12が対応しているんだな。
よし分かった!答えは・・・9175だ(違います)

答えは・・・4175です。
デジタル数字のシルエットでこの模様にしたのかなと予想しますが4と9の模様が似すぎて似すぎて。
問題は自分の注意力のなさか。
 

絵画の順番


後半の謎解きです。
絵画を外すことが出来るので外してみる。
すると絵画の額縁の形に壁が汚れているので、一旦全部取ってみて汚れの形に合う絵を当てはめればOKです。
1回目の答え・・・左から「祈る女」「夕暮れ」「磔の男」
するとビデオテープB入手、それによると白紙の紙に炙り出しがあるのでそれをヒントに組み替えて


2回目の答え・・・左(西)から「夕暮れ」「磔の男」「祈る女」
すると隠し通路に入れるようになる

・・・のが恐らく製作者さんが考えたプレイヤーの思考の順番だと思うんです。

ですが実際のプレイヤーは違う思考をする場合が。
→絵画が触れるけどヒントが見当たらないのでとりあえず部屋全部を調べてみる。
→白紙の紙があるから炙ってみる(火がついてる松明持ち歩いてたんかーい)。
→現れたヒントの通りに左(西)から「夕暮れ」「磔の男」「祈る女」と配置してみる。
→何も起こらない。
→色々うろついて試してみて不具合じゃないのかと思いつつ絵画を再配置してみる
→ビデオテープB入手、もう炙ったよと思いつつ絵画を再配置して進行。
実況動画見てみたら自分と同じようにこの順で進めて1回目の絵画配置で戸惑い時間がかかっている人がいました。
ご丁寧に柑橘系の香りがするとも描写されるので、ビデオテープを見るまでもなく炙り出しという答えに辿り着いてしまうのも迷う原因の1つだと思います。

それとこの隠し通路の先で見つかるビデオテープにて、姉の部屋の暗証番号はクリスマスの日付だと分かります。
気になって試してみた所、地下研究所に入った時点でも1225と入力すると部屋に入ることができ、謎解きをスキップして進めることが出来ます。
ビデオテープを見る等のフラグは必要ありません。(脱出ゲームでクリア後、数字をいきなり入力して進むかどうか見てみる派)
姉の部屋の仕掛けの為に絵画を結局取りに行かなきゃなりませんけどね。
展開は変わりません。

ちなみに姉の部屋の脱出路には壁の汚れ通りに「祈る女」「夕暮れ」の2つを使えばOKです。


以上が気になった謎解きです。
全体的にもうちょっと答えが確定出来るようにして欲しいな~と。
ゲームの雰囲気が良いだけに惜しいと勝手に思ってしまった点でした。